年年歳歳

Toyooka KABAN Artisan Avenue

2013/12/08 最終更新日:2015/07/04| 年年歳歳

豊岡は1000年の歴史を誇る(かばん)の街である。現在でも国産鞄の7割以上を製造し、鞄関連企業が大小あわせると180社以上もある。まさしく豊岡の誇る地場産業であり、豊岡は日本一の鞄の街と言えるだろう。その鞄の街豊岡で新たなプロジェクトがスタートした。その名は「Toyooka KABAN Artisan Avenue」(トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー)である。
 CAD(コンピューター利用設計システム)・CAM(コンピューター利用製造システム)を使ってのデザイン、工業用ミシンを使っての縫製作業、手縫いの技術、厳しい検品作業、多岐にわたる材料の調達など鞄を作るためには多くの技術や職人の技が必要だ。鞄の街豊岡には鞄作りに関する技術・ノウハウがどこよりも蓄積している。
 一方で鞄業界の中では圧倒的な知名度を誇る豊岡もOEM(相手先ブランドによる受託生産)の比率が高いため、一般の人にはあまり知られていない。その技術力、商品開発力を継承しますます発展していくためには、技術者の採用や育成、企業人育成、産地としてのPRも必要となってくる。
 そこで鞄を活(い)かしたまちづくり事業として「Toyooka KABAN Artisan Avenue」が豊岡まちづくり株式会社を中心に豊岡市などのバックアップのもとスタートした。
 豊岡市内中心部の宵田商店街(カバンストリート)に3階建ての鞄の館を来年の4月にオープンさせるのだ。1階はかばんショップ、1・5階はセレクトカバンショップとして豊岡産鞄のショールームとなる。2階はパーツショップとして産地ならではのパーツ商材やキット商材を販売する。そして3階は「Toyooka KABAN Artisan School」となる。
 「Toyooka KABAN Artisan School」は、鞄のクリエーターや経営者を育てるため、日本で初めて鞄業界がバックアップする専門校である。鞄の基礎講座はもとより経営者目線を加味した鞄作りを一から学ぶことが出来る。現場でバリバリ活躍されている方が講師となり、プロと同じ機材を使って講習を受けることが出来るまさに鞄の産地でしか出来ない充実した内容だ。当スクールは募集を開始しており、ものづくり、鞄作りに興味がある人はぜひトライして欲しい。
 「Toyooka KABAN Artisan Avenue」が出来るエリアには既に、アートフィアー、アトリエNUU、鞄工房「嘉玄」など素晴らしいショップが出来ている。観光に城崎温泉に来られるお客様が立ち寄っていただける新しいスポットとしても注目のエリアとなる。豊岡市中心市街地が製造、教育、大交流の一大拠点として生まれ変わる、そんな期待を抱かせる大きなプロジェクト。完成した際にはぜひ一度足を運んでもらいたい。


  • 2019年1月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
ページトップ
Copyright © 2015 Yamamotoya. All Rights Reserved.